近江歴史回廊倶部

   近江の豊かな歴史文化をもとめて
会員のページ へ
TOP倶楽部の紹介倶楽部活動歴史コラム施設紹介
入会案内

倶楽部の紹介

近江歴史回廊倶楽部とは


倶楽部創立の経緯

この倶楽部は、近江歴史回廊大学を卒業し 滋賀県が推進している近江歴史回廊構想の理念と趣旨に賛同した有志によって平成11年10月に設立された民間団体です。

設立のきっかけは、近江歴史回廊大学で学んだことを歴史の現場に出て実地研修を重ね お互いの交流を深めることでありました。

発足以来 既に10年を経過しましたが、歴史を愛好する多くの方々の参加を得て 約120名の会員がおります。

倶楽部の目的


倶楽部は「滋賀県の誇れる歴史文化資源をともに学び,親しみ、光をあてることによって誇りのもてる地域づくりに寄与する」ことを目的として活動します。



倶楽部のおもな事業または活動


倶楽部の主な事業または活動を挙げると次の通りです。

▼滋賀県の歴史文化に係る学習および研究
 (1)例会・見学会など歴史文化の学習や現地体験(事業部活動)
  年4回の例会および年2回の見学会を開催しております。
  発足以降に実施した例会・見学会については ここ をご覧ください。
 (2)調査研究
  県文化財保護課及び県文化財保護協会と協働で「琵琶湖の秘密」を探る調査  研究をおこなっております。

▼会員相互の交流と啓発に関すること
同好の会員が集まってサークルをつくり、興味や関心に沿ったテーマについて活動し、サークル内の交流と親睦もはかれるようにしています。現在活動しているサークルは「近江紀行クラブ」、「仏像に親しむ会」、「中世城郭サークル」及び「サークルあかね」などがあります。サークル以外の会員も交え、合同集会、(会員フォーラム)も開催しております。

▼会報の発行(編集部活動)
季刊の会報を発行して会員への情報や発信の場を提供し、会員以外にも関連行政機関や歴史施設に配布しています。

▼近江歴史回廊構想の普及・啓発に関する事業(支援活動)
 (1)近江歴史回廊推進協議会が開催する行事に参加します。
 (2)部会活動として近江歴史回廊大学の講座運営に積極的な支援を行っており   ます。





これは近江歴史回廊推進協議会のシンボルマークです。近江の「近」の字をシンボライズし、琵琶湖を巡る道(回廊)を通じて人が歴史や史跡に手を差しのべる様子を表しています。近江歴史回廊倶楽部はこのシンボルマークのもと近江歴史回廊構想の推進に協力して活動しております。










組 織


 事業部会、編集部会、支部会など担当別の部会をもって活動を進めています。 詳しくはこの組織図をご覧ください。
 

Copyright(C)2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.