近江歴史回廊倶楽部

湖北の歴史文化施設

浅井歴史民俗資料館
 
                    
滋賀県の湖北に位置する浅井町(平成18年3月長浜市に合併)は、越前、美濃にほど近く北国街道や北国脇往還が通じ合い、北国の入り口にあたる交通の要所でした。そのため戦国時代にはこの地方で、天下の命運を左右する大きな戦いが繰り広げられ、その一つに姉川の合戦があります。

この浅井の歴史、文化を守り伝えようと、当資料館は平成七年に開館致しました。当館は四つの建物から成り、まず『糸姫の館』では、町内で江戸中期から盛んに行われるようになった、養蚕と糸とりの歴史や仕事振りを、明治期の農家を再現し、人形ジオラマや写真パネル等で詳しく紹介しています。

賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍は町内鍛冶屋で作られたものです。鍛冶屋では鎌倉時代の頃から鍛冶が行われるようになり、その鍛冶場を復元したものが二つ目の館、『鍛冶部屋』です。
ここでも本物さながらの人形ジオラマを中心に、鍛冶道具も古くから使用されてきたままに、鍛冶の歴史と仕事振りを紹介しています。

三つ目は『七りん館』と名付けられた、鍛冶屋集落にあった江戸時代の建物である庄屋屋敷を移築したものです。江戸から昭和にかけての民具が、生活しているそのままに展示してあります。当時にタイムスリップしたように体感して頂けます。

四つ目、『郷土学習館』1階は 浅井三代にわたる盛衰記をパネルで紹介するほか、姉川合戦の経緯について「姉川合戦絵巻物シアター」を配置し、迫力ある戦国時代の雰囲気を実現しています。
2階では江誕生から小谷落城までを臨場感あふれるジオラマで紹介するほか、その後の市と三姉妹の生涯について系譜でたどります。

四つの施設見学の他、年間を通じて企画展、歴史講座、体験教室などさまざまな催しもあります。
静かな戦国の地にたたずむ浅井歴史民俗資料館へどうぞお越し下さい。
詳しくは下記のHPをご覧ください。



                                                          (館長)






       

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.