近江歴史回廊倶楽部

歴史解説・紹介

   眼鏡 (県指定文化財)
  
 〜琵琶湖文化館蔵品紹介(その2)〜


 日本に眼鏡がもたらされた時期は明らかではない。一説には天文20(1551)年、宣教師フランシスコ・ザビエルが来日した際に、周防国(山口県)の大内義隆(1507〜1551)に13品目贈った中に眼鏡が含まれていたというが、残念ながら現物は残っていない。

 17世紀頃には、取り付けたひもで眼鏡を耳にかけるスパニッシュイタリアン型が世界の主流であったが、目鼻立ちがくっきりしている西洋人にとっては都合が良かったものの、西洋人に比べて鼻が低く顔の彫りが浅い日本人の顔には合わなかった。

眼鏡の安定が難しく、眼鏡が目に近づきすぎて、まつ毛がレンズに触れてしまうという難点があったのである。

そこで日本人が発明したといわれているのが、鼻当てである。17世紀も終わり頃になると、わが国にも眼鏡を売る店が江戸や京都、大阪にでき、眼鏡がステータスシンボルの一つとして次第に普及していく。

 本作品は、霊元天皇(1654〜1732、在位1663〜87)が使用していたという眼鏡で、べっ甲製、レンズの大きさは直径7cmのものである。

レンズとレンズの間にある猪目文(いのめもん:ハート型)の上部に蝶番が付いており、ここを折り曲げて鼻当てにしている。霊元天皇は後水尾天皇の子。

後水尾天皇は江戸幕府が権力を顕示するようになった時期の天皇で、「禁中並公家諸法度」などの制定を通じて次第に増大する幕府権力を不満として退位している。霊元天皇は皇室再興をめざし、朝廷の典礼の故事復興に功績があったことが知られている。

 この眼鏡は久世通夏(1670〜1747)が霊元法皇から拝領したものであると伝わっている。また、この眼鏡が納められていた箱には久世氏の家紋である笹竜胆が配されており、その伝来の確かさを伝えている。


                                



無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.