近江歴史回廊倶楽部

  歴史解説・紹介

   秋景山水図〜 雲泉


釧雲泉(くしろうんぜん)は、江戸時代後期の文人画家。旅に生き、酒をこよなく愛した孤高の画聖として知られる。

雲泉は、宝暦9年(1759)、肥前島原(長崎県雲仙市)の千々石町で島原藩士の子として生まれた。号の雲泉は雲仙岳に因んだものである。幼少の頃より絵が好きで、いつも近所にあった大きな石に泥を塗って竹箆で絵を描いては、衣服を汚して帰ったという逸話が残っている。

                 秋景山水図

雲泉は諸国を巡り歩く中で、多くの画人と交流を深めている。
寛政3年(1791)3月、32歳のとき十時梅(とときばいがい)(伊勢長島藩の儒者)の紹介で伊勢長島に滞在中の木村蒹葭堂(きむらけんかどう)を訪ね、大いに感化される。

また同年、江戸で親交のあった備中庭瀬藩(岡山市北区)江戸家老海野蠖斎(かくさい)の紹介を得て、蠖斎の実兄である庭瀬藩家老森岡延璋のもとに身を寄せ、約3年間ほどはこの地を中心に旺盛な制作活動を行う。

寛政4年頃から、備州と京都・大坂をたびたび往来し、そのつど蒹葭堂を訪ねて教えを受けている。
寛政12年(1800)41歳のとき、備州を去り大坂、京都と転居をかさね、享和3年(1803)に江戸湯島天神の裏門付近に居を構え妻を娶った。

この江戸在住時に、生涯の友となる亀田鵬斎、大窪詩仏と出会い、また多くの文人墨客と交わるなど、雲泉にとって最も充実した時期となった。

文化2年(1805)46歳のとき、大窪詩仏とともに信越に旅をし、その途次各地で画の依頼を受けるなど歓迎され、越後三条(新潟県三条市)にしばらく滞在した。

その後一旦江戸に帰るが、三条がよほど気に入ったのか今度は妻子を連れて移住し、この地を中心に越後の各地を巡って、南画の普及に尽力するとともに、多くの門弟を育てている。
雲泉は旅と孤独をこよなく愛し、超俗の画人として生涯を送った。



無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.