近江歴史回廊倶楽部

歴史解説・紹介

   アケボノゾウ発掘記

1993年2月、犬上郡多賀町四手の「びわ湖東部中核工業団地」の造成工事現場で、今から180万年前に棲息していたアケボノゾウの全身骨格化石が発見されました。

           
                    琵琶湖博の高橋氏による記者への説明

発見は、造成工事が始まって約2年が経ってからのことでした。その間にはカラスガイ、ヌマガイ、イシガイなど現在のびわ湖に棲息する貝やメタセコイア、オオバタグルミ、オオバラモミといった湖の周辺に生えていた植物の化石が多数発見されていました。

また、前年の10月には大型哺乳類のシカの角、上腕骨そして顎の化石が、ゾウ化石の発見地点に近接して見つかっていました。

 アケボノゾウ化石は、それ以前にも全国約50カ所で部分的に発見されていました。その分布は北は関東から新潟、南は九州に及んでいます。

中でも近畿地方からの発見が多く、棲息していた時代は、今から約250〜70万年前であったことが分かっていました。

滋賀県には、アケボノゾウ以外にも何種類ものゾウの仲間が棲んでいました。アケボノゾウはステゴドン科に含まれますが、同じ仲間としては、より古い時代(約400〜200万年前)のシンシュウゾウ、新しい時代(約50〜30万年前)のトウヨウゾウといったゾウがいたことが知られています。

ステゴドンとは、ギリシャ語で屋根(ステゴス)のような歯(オドント)をもったゾウという意味です。歯の形が種類の名前になっていることからも分かるようにゾウの種類を決めるには、歯の形状が重要な根拠となります。

 さて、多賀町での発見が特に注目されたのは、なんと言っても、全身の骨格の7割の部位が発見されたということです。中でも、種類を決定するために大切な臼歯が付いた下顎や、右前足の手首から指先までが完全に繋がった状態で出土したことは特筆すべきことでした。

             
                           最後に出てきた下顎

発見された骨格化石は、全て複製が造られ、また見からなかった部位は、他地域から出ている化石や現在のゾウを参考にして造られました。

全身の復元骨格の組み立ては多賀町立博物館の開館に向けて進められ、1999年3月、ついにアケボノゾウは180万年ぶりに蘇りました。立ち上がったアケボノゾウは成獣にも関わらず肩の高さは約2mと、現在棲息している3m前後のアフリカゾウやアジアゾウより随分小さいことが分かりました。

       
                    組み立ての進むアケボノゾウ

 ところで、このアケボノゾウが甦るまでにはいくつもの幸運が重なっています。ゾウ化石の第一発見者は、排水路を造っていた工事現場の方です。
きっかけは、機械で掘っていた時に出てきた黒褐色の塊を、木片と思わずに「おかしい、骨かもしれない」と直感したことに始まります。
この方がそう思わなければ、今も全てが粘土の下に眠ったままということになります。

次の幸運は、工事関係者から知らせを受けた地元の方が「ゾウかも知れない」と現場に直行。粘土の壁から顔を出していた丸太の様なものが牙であると気付いたことです。
さらに、その一連の出来事が、歩いていた地質調査員を呼びとめて伝えられたのは、発見からすでに20日が過ぎた3月5日でした。
工期は発見現場を埋め戻す段階を迎えており、呼び止められる日がもう数日遅ければ、工事の進行とともに発見地点は埋められ、二度と掘ることはできませんでした。

 最後に、強力な磁力でゾウを呼び寄せた2人の存在があります。当時、琵琶湖博物館は、開設のための準備が進められていました。
その開設準備室に、国内各地のゾウ化石の発掘の第一人者が職員として来られたのです。

この方が数個の骨から全身骨格が埋まていることを察知し、難しい発掘を成功に導いたのです。まるで、全身骨格化石が出ることを予知して滋賀県に来られたとしか思えない絶妙のタイミングでした。

 もう1人は何度も工事現場を訪れ、第一発見者に呼び止められた地質調査員です。2本目の牙の発見から、下顎の発見までのこの調査員の孤軍奮闘ぶりは「ゾウ化石をどうしても出してやる」という執念とも言える行動力でした。

幾つもの幸運、関係した多くの人の情熱や好意によって、多賀町でのアケボノゾウ全身骨格の復元が実現したのです。私は、17年前のこの出来事は多くの人のセレンディピティが結実したものだと、いま、改めて感じています。

                            (寄稿:あけぼのパーク多賀 館長 小早川 隆 )     



無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.