近江歴史回廊倶楽部

歴史散策・随想


   祇王井川 (2)


  次に、藤原忠重は遠流となった。
 丁度この頃、妓王姉妹の家も落魄して都に上り白拍子となって太政大臣清盛の寵愛を受けるようになった。

 ここに、驚くべきことに、甲州の在庁官人三枝守政なる者が、登場した。能登川町北須田の三枝神社・伊庭城・三枝家のご先祖である。

 そこで、甲州三枝氏も調べてみる。
在庁官人三枝連とあり甲州に広がる大領級豪族であったらしい。近江で言えば、佐々貴山君に当たる。

この争論により三枝氏は没落し、代わって勃興したのは新羅源氏の武田氏である。これも本佐々木が退き、宇多源氏が勃興する近江の地の歴史と重なる。

もし争論に藤原忠重側が勝利していたなら、源氏と極めて関係の深い熊野別当を抑え、富士川合戦の主役であった甲州武田氏の勃興もなかったとも考えられる。

 最後に冨波荘と江部荘の関係である。
地図で見るまでもなく、両荘は近接しており祇王井川は両荘を貫いている。冨波荘の排水も野洲川からの良水も両荘を通らないと琵琶湖に繋がらない。両荘は一心同体と考えるのは自然であろう。

 そこで妓王の父橘時長と、件の藤原忠重である。
京都祇王寺の案内には、「妓王の父は戦死したのではなく、江部九郎時定といい、故あって北陸へ配流となった。」とある。

 一方、冨波荘の伝説では「今から約一千年前の平安末期、この地、冨波荘は沼や池が多く、中でも一番大きい一の沢沼の大蛇が夜な夜な村人をさらって困らせていた。

大和の国からやってきた領主、生和兵庫介藤原忠重は大蛇退治を決意し、氏神の春日大社をこの地に分社し願をかけた。

   
                      祇王井川 生和神社横の分岐

藤原忠重は矢で大蛇を見事に射ぬいて退治したが、自身も大蛇の吐いた毒で落命。そうした忠重の徳をしのび、村人が春日神社の横に生和神社を建立した。」という。(web.による)
 
こうしたことから、目に浮かぶのは江部時定、藤原忠重の先祖がここに住み着き、代を重ねて切り開いた荘園と祇王井川の図である。両者の関係はどんなものであったのか。

 長寛年間、両者は協力しあっていたのではなかったのか?そして長寛勘文に連座したのではないか。そして両者とも遠流になってしまったのではないか?

忠重が大蛇を仕留めたものの毒気にあたって落命という始末は、これを示唆していると思えてならない。そこで、興味を引くのは平清盛の立場である。

年表によると彼は当時長寛勘文の裁定に影響力を発揮できる立場である。清盛が妓王姉妹を寵愛したのは、単に美貌と芸を見初めただけだったのか?

また平家物語にある祇王井川の願いについても、清盛は権力者として争論の裁定をしたという話なのではないのか?

 最初は、単なる紀行文のつもりで書いていたが、後半はまたまた下手な推理をしてしまった。ポイントは生和神社に藤原忠重なる人物が実在していて、実在が明らかな長寛勘文の忠重と同一人物なのかの立証だが、そこは趣味、墓穴を掘る前に取り敢えずこの辺りで報告を終えたい。

                                                (上嶋)


  

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.