近江歴史回廊倶楽部

歴史散策・随想


   備中松山城と吉備路を巡る


 ようやく秋が訪れた快晴の平成23年10月4日、城郭サークルの一行は嘉悦さんが運転するレンタカーで大津駅前を出発する。

 岡山ジャンクションを降り田園地帯を東へ向かう。
古今集で名高い吉備中山の麓、松並木の先に吉備津神社があった。

                         吉備津神社
   

山麓に延びる400mの回廊にまず目を奪われる。御釜殿の傍より回廊に上り、本殿右手北随神門と拝殿の間より入る。門は単層入母屋造りの桧皮葺で仏教的なイメージが濃い。見上げる拝殿からは荘厳さがひしひしと伝わる。

 左横、銀杏の神木付近より、比翼入母屋造りで吉備津造りとも呼ばれる特徴ある本殿の全貌を拝見する。入母屋破風を二つ連ね、中央を貫く切妻造りの一端が正面へ突出し、拝殿となっているさまは誠に豪華である。

 御釜殿まで戻ると扉が開いている。撮影中で斜め奥に御釜が見える。神職の話では有名な「鳴釜の神事」をおこなっているとのこと。これが雨月物語にも出てくる釜である。

 長閑な道を西へ走ると日本有数の古墳地帯で、こんもり繁る小丘が散在する。大抵古墳だが、どれが造山(つくりやま)古墳か見分けがつかない。やっとそれらしき丘を見付ける。

 前方部の頂が壇状に高まり、破壊された頂には氏神が祀られている。手水鉢は石棺の身部分で、社の裏にも蓋の破片が散らばる。

築造は五世紀前葉末から中葉初めと推定される。墳丘の長さ350m、わが国4番目の大きさで、その規模から被葬者は吉備政権の首長とも、大和王権の王ともいわれる。

 後円部は急な3段の隆起斜面で、頂は平坦に造り直され、秀吉に対する毛利方の砦とされた。これだけの古墳でありながら立入り自由なのが有難い。

 やや西へ走り総社の市域に入ると、赤松の疎林に囲まれた丘陵があり、吉備路を代表する景観の五重塔が現れる。

備中国分寺で創建当初の法起寺式配置の伽藍は、建武時代兵火で焼失し、発掘調査で中門跡などが確認されている。白い土塀とコスモス畑のむこうに立つ五重塔はとりわけ旅情を誘う。

 国分寺から北へ、曲がりくねった山道を6Kmばかり行くと「鬼ノ城(きのじょう)」登山口に着く。急な坂道を登ると展望台(学習広場)があり、彼方に復元された角楼、土塁、西門があたかも映画のセットのように浮び上がっている。

眼下に目を遣ると、総社平野から岡山、倉敷、果ては遠く瀬戸内海、四国の山々まで遠望できる。まさに要害の地に相応しい。

 標高400m、多少凹凸はあるが台地状の七、八合目にかけて2.8Kmに及ぶ鉢巻状の石垣があり、その上に土塁を付き固めた版築土塁の古代城塞である。

築城年代は詳らかでないが、天智天皇の時代、白村江(はくすきのえ)の戦で破れ、唐、新羅の連合軍の来襲に備えたもので、帰化人が築いた朝鮮式山城だといわれる。

 更にこの山には温羅(うら)伝説がある。吉備津彦命が吉備を平定しようとしたとき温羅が頑強に抵抗した。これが桃太郎伝説の祖形と考えられている。

退治した温羅の首を埋めたところ、首が大声で呻いた。ある夜夢に現れ「娘を召使ってくれたら、娘は釜を守って御食(みけ)を進じるだろう。そうすれば私は釜に吉凶の印しを告げる」と言った。呻き声は止み、釜は約束通り温羅の吉凶を告げた。これが吉備津神社の「鳴釜」の由来という。

角楼を通り、3階建(復元)の西門跡まで歩く。ロマン溢れる伝説に思いを致しながら爽快な気分に浸る。

時間があり予定外に宝福寺へ寄る。伯備線沿いの閑雅な禅寺で、唯一焼失を免れた三重塔は風格がある。雪舟が堂柱に縛られながら涙痕で鼠を画く新しい像も拝見したのち、高梁川沿い丘上の宿舎へ入る。

翌日は打って変わり雨模様。高梁川の左岸を伯備線に沿って上流へ向う。走ること1時間余、武家屋敷の面影を復元した、白壁の土塀が続く高梁の街に入る。

そのまま市街地北部に聳える臥牛山(がぎゅうさん・標高480m)へ陣屋跡付近から登る。登るに従い四囲山に囲まれた視界は名物の霧に包まれ全く見えない。

                              松山城
    

ふいご峠で車を降り、滑りやすい山道を20分ばかり歩くと、自然の巨岩を取り込んだ石垣の櫓台が行く手を憚る。大手門跡だった。

現存する土塀に沿って三の丸、二の丸跡を過ぎ本丸に入る。目の前に小ぶりながら2層の天守閣が端然と聳えている。内部の1層には囲炉裏と装束の間が、2層目には守護神の御社壇があるのみ。現存する国内随一の高所に位置する天空の松山城にしては、以外にも簡素である。

城の歴史は古く、鎌倉時代に遡る。縄張りは時代と共に変わるが、天正2年の備中兵乱後は毛利の東方進出の拠点として、臥牛山全域を一大要塞とした。

関が原合戦後は徳川の直轄となり、小堀氏が奉行として城に入った。2代目の政一(遠州)が荒廃した城を修復し、それが現存している。

霧に覆われ辺りの見分けは付かないが、突如下界より列車の轟音が響き、武士(もののふ)の雄叫びと思しき幻想が吹き抜ける。

城下へ下り、遠州が居館とした頼久寺に寄る。遠州はここで焼失した城下町の整備も指揮した。居館にしただけに高台に構える寺院は一見城塞のような豪壮さで、方丈へ入り始めて寺院の趣を呈する。

書院との間の中庭には石畳と石灯篭があり、前面には白砂が広がる。青海波を模す大刈込を背景とした鶴亀両島の石組は、蓬莱式枯山水庭園で見事な景観を呈している。
思わぬ名庭に満足し、風情ある高梁の街並を後にする。慌しさの中にも心に残る2日間だった。     

                                                (山下)


  

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.