近江歴史回廊倶楽部

歴史散策・随想


 
 近江の名木・巨木を訪ねて: 観桜

          
久しぶりの投稿になりますが、春が近いこともあり趣味の自然観察や山登りの関係で訪れた桜を主体に印象に残った巨木をいくつか紹介させて頂きます

まずは米原市柏原の清滝寺徳源院の"道誉桜"、バサラ大名として有名な佐々木道誉が愛したシダレザクラであるが2代目で、樹齢が300年とのこと。

   
                        
清滝寺徳源院の道誉桜

御存じと思いますが清滝寺徳源院は鎌倉時代に近江源氏佐々木氏から分かれた京極氏が建立し、境内には京極家歴代当主の墓碑宝篋印塔(ほうきょういんとう)があり、"お江"の姉(淀君の妹)の"はつ"が嫁いだ京極高次の墓石が、また本堂裏には裏山を取り込んだすばらしい庭園となっており、桜はもちろん秋の紅葉も素晴らしい。

なお清滝寺徳源院手前の集落内に幹周りが5m余、樹齢700年の県内最大級のイブキ(柏槇)の巨木がある。

植物で花に伊吹と名つくものは多いが、樹木では珍しく伊吹山が名の由来との説で一見の価値はあり立ち寄りたいもの、なお生垣に多いカイヅカイブキはこの園芸種である。

次は高島市で古木の多いエドヒガンザクラをいくつか紹介してみたい。
桜の名所百選で有名なマキノ町の海津大崎に近い清水墓地にある"清水の桜"である。
加賀藩の歴代藩主が上洛の折、何度も振り返ったことから「見返り桜」ともいわれているもので樹齢は300年以上、海津大崎のソメイヨシノより開花は1週間ほど早いようであるので、時期を選んで立ち寄りたいものである。

同じ市内は今津町酒波にある酒波寺山門の"行基桜"で樹齢は4〜500年以上、幹周りが約3.5mの大きさに加えて樹高が20mを超えた高木である。織田信長の焼き討ちにより被災し幹の一部が焼けた跡が痛々しいが、歴史の証人として長寿のエドヒガンザクラならでは存在感を感じさせてくれるものである。

     
                       今津町深清水の夫婦桜

この場所から少しマキノ町の方向に歩いた深清水地区には夫婦桜、竹生桜とやはりエドヒガンザクラの巨木が柿畑等の田園地帯の中に見受けられる。
ソメイヨシノよりも少し早い時季に開花し、花の色もやや淡く派手さが少ないのが日本人好みの様である。

最後は県外、隣の岐阜県本巣市の根尾の薄墨桜である。日本三大桜として「山高神代サクラ(山梨県)」や「三春滝桜(福島県)」とともに日本の桜を代表するものとして大正時代に指定された。

滋賀県からは比較的近く、JR大垣駅から樽見鉄道(第3セクター)に乗換えて約1時間、終点の樽見駅から徒歩で15分で着く。徒歩で途中の根尾川の橋を渡る際、清流の彼方に眺められる雪をいただいた能郷白山(岐阜・美濃)が見えるのも感動ものである。

   
    岐阜県本巣市の根尾の薄墨桜
この薄墨桜であるが、普段この様な大木に出会うことは少ないためか、実物を目の前にすると圧倒的な威圧感で畏敬の念さえ覚え、素晴らしいの一語に尽きる。
花びらの色が満開の時は白く、散りぎわは淡い墨色となることが名の由来であり、やはり古木の多いエドヒガンザクラで、幹周りが約9m、樹齢1500年と幾多の歴史に相対したことを物語っている様でもあった。

桜の名所は全国各地に多く、県内でも疏水べりや三井寺、彦根城などソメイヨシノが主体であるが、ソメイヨシノとは趣の異なるエドヒガンの花見も良いものと思い、観桜の計画の参考になればとの思いで昨年の結果を報告した次第です。


                                                   (木村)



  

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.