近江歴史回廊倶楽部

歴史研究・報告


もう一つの近江源氏
  〜もう一つの義経〜



「近江源氏」というと一般的には、宇多天皇・敦實親王に続く佐々木一族を称することが多い。
一方で、平安時代末期に以仁王が打倒平家の旗印を挙げた時とほぼ同時に湖北で旗揚げした「近江源氏」がいたことは諸兄もご存知と思う。

そこで、この時代に突然表舞台に躍り出て、鎌倉幕府が開かれる前に消え去った「近江源氏・山本義経」の実態を文献資料を参考に調べてみた。

1.「近江源氏・山本義経」の系譜
 山本義経は源義朝・頼朝・義経と同じ、清和天皇を祖とする清和源氏であることはよく知られている。その系譜は

                    新羅三郎       山本         箕浦冠者
清和天皇―(四代略)―頼義― 義光― 義業― 義定―  義経―― 義明
                                    
                                      柏木      山本
                                     ―義兼――  義広
 
                                             錦織冠者
                                           ――義高
      
とされている。ここでは系譜のみにとどめ「山本義経」について検証する。

2.山本義経がなぜ近江の地に?
 "平家にあらずんば人にあらず"といわれた世の中で、関東武士の源氏・山本義経がなぜ近江に居たのか、どのような地位にいたのかは、文献資料では明確に出てこないようであるが、地方史に若干記されているので推定してみる。

 山本源氏は新羅三郎義光より出づ。義光の嫡子義業、刑部太郎と稱す。檢非違使・左衛門尉に任ぜられ、進士判官と號す。

家を繼ぎて近江・常陸の所領を受く。之に二子あり。長を昌義と曰ふ。信濃守に任ぜらる。常陸の所領を受けて、同國佐竹に住し、因りて氏とす。

次を義定といふ。式部丞に任ぜらる。一に遠江守に作るは、葢(けだし)從弟安田三郎義定と混同せるなり。近江の所領を受けて、本郡の山本に住し、因りて氏とす。是實に近江源氏の祖なりとす。

 義定長子義經家を嗣ぎ、江北の所領を受け、山本冠者と稱す。後左兵衛尉に任ぜられ、更に伊賀・若狭の國守に歴せらる。人と爲り反齒なるを以て人呼んで「反齒の兵衛」と謂ふ。

頼山陽之を源廷尉義經と混同して悟らざりしは葢同名異人たる氣付かざりしの過失のみ。仲子義兼江南の所領を受け、柏木冠者と稱す。後入道して成覺と號す。以下略す『東浅井郡志』 
                       
 更に時代降りて今や論及しつつある武家時代に入り、逸早くもこの辺(近江か)に着目せしものは、さすがに源家の頭目たる頼義その人にして、その三男三郎義光をして三井寺新羅明神の社前に於て首服を加えしめ、寺門の有する湖南地方の勢力を左右せんと欲し大いに準備する所ありき。

而して二郎義綱は嫡家の義忠を殺害したりとの虚名を蒙りて甲賀山中に逃れしが、三郎義光之を討ちて自害せしめ、その子息の多くも同時に憤死せしが、爾来義光の勢力はこの地方に張り、義光の曾孫義經は伊賀守となり、其子義明は箕浦に居して箕浦冠者といはれ、その弟義兼は甲賀柏木を得て柏木氏の始祖ととなり、南江州はやがて武門の号令下に立たんとせり。 『近江伊香郡志』

 野長者で、大吉堂は即ち有名な大吉寺を云ふのである。
猶東鑑(吾妻鑑)には定康を稱して「關東之功士也、彼近江國所領、平家在世之時者稱二源家方人一被二収公一」とあり、猶源義光の孫義定は山本と號し、その子義經山本冠者と稱したのは同郡山本を在名としたので、同一帶は源家所高フ地であったと思われる。
『滋賀縣史 第二巻(S四七)』 

 上記資料のうち『近江伊香郡志』、『滋賀縣史』は基となる史料は提示されていないが、東浅井郡志では『尊卑分脈』や『日本外史巻二』を引いているとしている。

また『寛政重修諸家譜』では、「源義定は、新羅三郎源義光の孫。佐竹昌義の弟。遠江守、左兵衛尉、式部丞。近江国浅井郡山本郷を領し、家号を山本と称えた。」とある。

 以上のことから、義光が新羅神社で元服しているので近江との関わりがあった事は明白である。源義綱冤罪事件が発覚した後、義光は常陸国に逃亡したが、義定の時に近江に戻り、平家に服従したか、延暦寺の勢力に属したかで以前の縁により目代などのかたちで北近江に在任していたのであろうと推定する。

3.山下(本)は東浅井郡なのか?
 先の三つの地方紙資料では、山本は旧東浅井郡とされているが確実な資料は見つかっていない。

『八日市市史』の中で、高橋昌明氏は「山本」を、上記と箕作山山麓の山本(旧五個荘町)、日野町の山本の三ヶ所を提示され、その内箕作山山麓を有力視されている。
理由として、治承4年(1180)12月13日に反乱軍を平知盛が攻略した「馬淵城」に近いこと、治承4年の近江における戦闘が南部が中心であることを挙げられている。

       
   
 しかし、この地は箕作山を隔てた南側には佐々木氏が館を構えていた小脇の地に極めて近く、また谷を隔てた箕作山尾根上に佐々木氏の小脇城(砦か)が存在していたといわれていることから無理がある。

     

また、日野町の山本は背後に要害となる山が存在しないことから否定できる。従って、伝承どおり山本山の山麓がその地といってよい。

4.治承四年以降の戦いと山本義経
 登場から消息を絶つまでの山本義経の足跡を追ってみる。
 義経が記録の中に初めて登場するのは安元2年(1176)のことである。

九条兼実の日記『玉葉』には、この年の12月末「前左兵衛尉源義経」が延暦寺根本中堂衆を殺害したとの訴えによって佐渡へ2年余り流され、治承3年に勅免を得て山本に帰ってとある。『吾妻鏡』によると、この佐渡への流罪は平家の讒言によるものだと記されている。

 治承4年の内乱は後白河法皇の第二皇子以仁王が源頼政らとともに反平氏の軍を起こそうとしたことに始まる。
この反乱は事前に発覚し潰される。しかし、平氏討伐の檄文(「以仁王の令旨」)は、諸国源氏の間を駆けめぐり同年8月には伊豆で頼朝が挙兵するにいたる。

 この動きを受けて近江では11月に事態が発生する。『玉葉』によれば、「近江国、またもって逆族に属き了んぬ(つきおわんぬ)」と記し(同年11月21日条)、中山忠親の日記『山槐記』も「近江国、すでに東国に同心す」と述べている。この事件の張本人が山本義経(山本兵衛尉)と弟の柏木義兼(甲賀入道)である。

山本義経の反乱軍は、伊勢に向う途中の平宗盛の郎従を勢多や野路で襲い、また湖に浮かぶ船をすべて琵琶湖東岸につけ、北陸道から都に運上される年貢を差し押さえてしまった。また、延暦寺と結び京へ攻める勢いを誇示した(『玉葉』)。

これに対して平氏は十二月に入ると、平家の有力家人で伊賀国の住人平田入道家継が甲賀を攻め柏木義兼の砦などを攻め落とした。また、清盛の四男で「平家随一の知将」といわれた平知盛を大将として出陣した。

知盛軍は義経・義兼軍を勢多や野路で破る。義経・義兼軍は馬淵城(館か?)に籠り、知盛軍は延暦寺や園城寺の大衆に後方を撹乱され進軍は鈍るが、13日になって馬淵城を攻略し200人討ち取り、40人余りを捕まえる。この梟首された中に柏木義兼が見える?という。

義経は敗走し本拠の山下城に入るが、16日に知盛軍攻められ、その周辺に放火される。しかし、山下城はかなりの要害城であったらしく、24日までは柏木義兼・山本義経は山下城に籠っていた。平家側は新たに維盛を副将軍として補強しその甲斐あってか治承四年中には近江をほぼ制圧した。(『玉葉』、『山槐記』)

なお、『玉葉』では、13日馬淵城で柏木義兼が討たれたと記し、その一方で23日山下城に立て籠もっているとある。『玉葉』の筆者は京都に在り、聞き及んだ情報を基に記しているのであるからこのような齟齬が生じたようで、未確認情報が飛び交っていたようである。後にこのことは“無かった”と追記されている。

以下『吾妻鏡』によれば、山本義経は落ち延び、12月10日には鎌倉に行き源頼朝と会見、「平家追討の一方の先人をたまわりたい」と申し出て頼朝の御家人になったとある。先記の『玉葉』では同月24日に未だ山下城に立て籠もるとあるので、矛盾が生じている。


どちらを信じればよいのか。両書の成立を考えると、『吾妻鏡』は幕府の正式な史書といえども、鎌倉後期で北条氏によるものとされている。

一方の『玉葉』は伝聞される情報をもとに日々書きつがれた日記である。情報は多少遅れるのが常であることを考えても余りにも大きな差であり、近江源氏・義経の鎌倉参向が事実であれば、翌年(治承5年)以降のことであろう。

5.義経のその後
その後、山本義経は頼朝の許を離れた模様で、寿永2年(1183)7月に上洛した木曽義仲の軍勢の中になぜか参戦している。

地元の伝承では、義仲は同年5月11日倶利伽羅峠で平宗盛率いる平家の大軍を破った後に湖北に進出し山本山に布陣したとされ、その時に参戦したとも思われる。

義仲軍は平氏の追討軍を破って入京を果たした。平氏の連行を恐れて比叡山に逃れていた後白河法皇が都に戻る際、義経の子、錦織義が法皇の警固の任に当たったと『源平盛衰記』記されている。

この平家追討の功により、木曽義仲以下の受領除目が行われ、山本義経は従六位下伊賀守に、子の義は検非違使・左衛門尉に任ぜられた。
しかし、木曽義中とその軍は横暴な振る舞いが多く、ついに木曽義仲追討の勅命が源頼朝に下り、範頼・義経軍の猛攻より木曽義仲は。粟津で討死したことは公知であろう。この後、山本義経の消息はプッツリ途絶える。

九郎義経が鎌倉軍の大将として上洛するまで、京の都ではその名前は知られていなかった。早くから近江で活躍した山本義経の方が有名であった。
しかし、宇治川の合戦以降、一の谷の合戦、屋島の合戦、壇ノ浦の合戦など華々しい活躍と、悲劇的な最後から九郎義経が歴史上有名になったのである。

このように、両義経の活躍がほぼ連続することから同一人物とされたこともあった。また、義仲が没した以降消息が途絶えたことから山本義経が九郎義経にすり替わったという乱暴な説もある。

なぜなら、九郎義経は鞍馬山で修行したといえども、戦の作戦や海戦には全く経験を積んでいなかったはずである。
一方の山本義経は、平家との戦いの経験があり、尾上港の権益を握っていことから船に関してはある程度の経験を積んでいたと思われる。この説が生まれるゆえんであろう。

6.現地の様子
山本(現長浜市湖北町山本)は賎ヶ岳から琵琶湖岸を南に延びる小高い山並みの南端にある山本山の麓にあたる。

山上には浅井長政の家臣、阿閉貞征(さだゆき)の山城があり、織田信長の小谷城攻略のネックになったことは有名である。その山本山と集落の間に朝日山神社があり、境内には山本義経が旗揚げし、軍議の際によろいをかけたという「よろいかけの松」の事跡が残されている。松自体は何代目かのものであるが、神社では標示板を設けている。

また集落には山本氏館跡とされている方一丁の地割がある。現在でも周囲には堀を形成していた水路と道路があり、中世の城館の様態を残している。平安後期のこのような屋形が存在していたとするなら、近江では最古になるのではなかろうか。



7.むすび
現地の状況と史料から、湖北の山本山周りに山本義経の足跡をたどることが出来る。
平安末期の一時期に「近江源氏」を名乗る山本義経が活躍しその後忽然と姿をくらましたなぞの多い人物ではあるが、もう一方の「近江源氏」の存在は否定出来ない。

従って、混乱をしない意味で佐々木系の源氏は「宇多流近江源氏」、山本義経は「清和流近江源氏」とすることを提議したい。

参考資料
『東浅井郡志』 
『近江伊香郡志』近江伊香郡志 富田八衛門 昭和27年 江北図書館
『滋賀縣史 第二巻(S47)』第二巻  昭和47年  滋賀縣
『吾妻鏡』(一) 龍 肅 訳註    2008年    岩波文庫
講演会史料(H24年6月30日「山本義経と山本山」 長浜城歴史博物館
〃  (H24年10月27日)「もう一人の義経」 長浜市文化財保護センター


  
                                                   (日吉)



       
      

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.