近江歴史回廊倶楽部

歴史研究・報告


  続佐々木六角氏の家紋考察



 会報(通巻44号)では、佐々木六角氏の家紋は「隅立て四つ目結」の可能性が強いと記したが、それを裏付ける史料が存在するので紹介したい。

1.平家物語絵巻 第9巻
左の絵は、『平家物語絵巻』第9巻の内、「宇治川の事」の一部を写したものである。
場面は、木曽義仲追討のため西国に向かう佐々木高綱が、鎌倉の頼朝に暇乞いの挨拶をしているところを著している。佐々木高綱の衣装の紋が、「隅立て四つ目結」であることに注目したい。

この『平家物語絵巻』は、かつて旧越前藩主・松平侯爵家御蔵品目録にあり、現在は、岡山県林原美術館の所蔵となっている。一般に供するため中央公論社が製本した第9巻(普及版)である。
                  平家物語絵巻
原本の『平家物語絵巻』は全巻を繋げば1キロメートルに近い長さの巻子本で、江戸時代の作とされ、付随する筆者目録から、詞書(ことばがき)は公家・武家・滝本坊(松花堂)、絵は土佐左助、外題・初巻は青蓮院門跡、箱銘書は西本願寺門跡であることまでが分っている。
この絵巻が江戸時代のいつ頃描かれたかはっきりしないが、少なくともこの時点では、佐々木家の家紋は「隅立四つ目結」であったことがうかがえる。

2.宇治川合戦
佐々木高綱はこの後、有名な宇治川の先陣争いを、梶原源太景季と繰り広げる。この内容の信憑性については諸説あるが、名場面を著した絵や山車(だし)が広く伝わっていて、江戸時代においても合戦の名場面とされていたのであろう。

@宇治川の先陣図・大型絵馬額 
(沙沙貴神社 安永4年(1775)三井家奉納)

 
先行する佐々木高綱の胴に紋様があり、左手で隠れて完全には見えないが、「隅立四つ目結」と読取れる。

さらに、絵馬額縁の周囲を見ると、これは明らかに「隅立四つ目結」である。この絵馬額は安永4年に三井家より奉納されている。一方、現在の神社の主要建物である権殿が弘化3年(1846)、本殿、拝殿が弘化5年(1848)に再建され、「平四つ目結」が随所に使われている。

このことから、佐々木六角家の家紋は「隅立四つ目結」であったが、再建時に京極家の家紋である「平四つ目結」が採用されたことを示している。なお、建築年代が延享4年(1747)の楼門には「平四つ目結」が使われているが、棟の部分であり、屋根の葺き替え時に本殿に合わせて改変されたと推定する。

A宇治川先陣の図 (沙沙貴神社 諸藤英世画)



手甲・脚絆や衣装などに「隅立四つ目結」が描かれている。諸藤英世画は明治三十四年生、堂本印象に師事した画家で、時代的には新しいが、上記絵馬額などを下絵資料として家紋が描かれたと推定する。

以上二点は沙沙神社発行『佐佐木源氏発祥の地』の中に掲載されている。鎌倉時代、佐々木家の家紋が「隅立四つ目結」で、本家の六角氏がこれを踏襲し、分家の京極氏が「平四つ目結」であったことを物語っている。


















3.宇治川の合戦余話
 宇治川の合戦は『平家物語絵巻』にも登場し、合戦談でも有名になっているようで各地の祭や絵図にも残されている。その中にも「隅立四つ目結」が登場するので紹介する。なお、登場人物は当然佐々木高綱で、その人気の程がうかがえる。

@『宇治川の先陣争い』・青森ねぶた絵図
 ねぶた師穐本和生(あきもとわせい)による、平成11年制作のねぶた絵図には佐々木高綱が描かれ、その胴や脛当てには「隅立四つ目結」が描かれている。


                 平成11年製作のねぶた絵図

 この他、平成12年(2000)の蓮沼ネブタ実行委員会製作のねぶた(明確に「隅立四つ目結」が読み取れる)や平成21年(2009)のルネサス北日本セミコンダクタ津軽工場製作のねぶた(写真が小さく正確には読み取れないが、兜夫部分に「隅立四つ目結」が使われていると思われる)も宇治川の先陣争いが題材に使われている。(写真略)

A盛岡山車の演題 
盛岡八幡宮例大祭に奉納される盛岡山車に騎馬武者として登場している。これは宇治川の先陣争いを題材としたもので、胴に「隅立四つ目結」が描かれている。(兜も同じか?)

       

B武者絵のぼり
 江戸時代から伝わる武者絵のぼりにも登場する。写真はその絵を額飾にしたもので、旗指し物や袴などにも「隅立四つ目結」が描かれている。
            
     

Cその他
 その他にも右記武者絵の盗作と思われような武者絵のぼりがあり、現代なら著作権侵害で裁判沙汰になるであろう。中には「平四つ目結」を描いた武者絵も登場している。これは写す原本が異なったと推定され、六角家と京極家を混同していたのであろう。

     

                                                   (日吉)


       
      

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.