近江歴史回廊倶楽部

行事の詳細


 湖都大津社寺の名宝展見学と回廊大学学長講話聴講


10月10日 大津市歴史博物館企画展見学 23名参加

大津市内の有名十社寺(延暦寺・園城寺・石山寺・近江神宮・日吉大社・西教寺・岩間山正法寺・浮御堂・建部大社・立木観音)が集まり、「湖信会」を結成しその50周年を記念した企画で、十社寺を中心に市内に伝来する仏像や神像などの名宝の展示である。

見学の前に寺島学芸員から企画内容の説明を受け、自由に会場を見る。会場入口ではまず、日吉大社最古の木造獅子・狛犬一対が出迎えてくれた。

角のあるほうが狛犬で尾が二本に分かれている。会場内はさすが名宝ばかり、どの仏像、神像も圧倒的な存在感で迫ってくる。一つひとつの前から中々離れられない。同種の尊像別に並べられており、同じ如来や菩薩でも個々の像の違いがよく見てとれる。

また、尊像の印や宝冠、持物などがイラスト図で説明されており、分かりやすい。普段は拝観不可の像や、近くで見ることの出来ない像、置かれている場所によっては暗くてよく見えない像などが、間近でゆっくりと拝観できてありがたい。
開催中に何度でも来たいと思う展示であった。

午後は回廊大学の学長講演が大津市生涯学習センターで行なわれる。聴講のため、各自集合時間までに移動する。

童門学長の特別講話、西本梛枝氏の「滋賀の風土と文学」、彦根商工会議所・安達昇氏の「歴史を活かした町づくり紹介」を歴史回廊大学学生と共に聴講した。

                                                     (中田)





      

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.