近江歴史回廊倶楽部

行事の詳細

安土城考古博と「卑弥呼政権」シンポ


去る6月2日、第1回例会が安土で開催されました。

当日の安土は、文芸の郷一帯で、「あづち信長まつり」が行われており、昨年は山の山林火災で中止になったこのまつりが2年ぶりの開催とあって、町内外から約1万人の方が訪れ、大変なにぎわいでした。

午前は安土城跡の現地見学で、安土城跡の発掘調査が平成元年から20年計画で実施されていますが、調査の結果、復元された大手道、伝羽柴秀吉邸跡等を訪ね、本丸、天主跡を見学しました。

午後は安土城考古博物館の春季特別展「共に一女子を立てー卑弥呼政権の成立」の見学と「鳥取県青谷上寺地遺跡の調査」講演がありました。
青谷上寺地遺跡は弥生時代のもので、特に5200点もの多量の人骨が散乱した状態で発見され、中には脳の残っている頭蓋骨もあったということも聞かせていただきました。

天候も良く、楽しい時を過ごせた1日でありました。

(西村 記)



       

無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.