近江歴史回廊倶楽部

例会・見学会の詳細

  
近江発掘ベスト10



抜けるような蒼空が広がる9月17日、本年度第2回の例会が開催されました。午前の部は「旧東海道筋探訪」のテーマで31名の会員が参加され、始めに朝日将軍といわれた木曾義仲公第一の側近であった勇将今井兼平の墓を訪ね、次に膳所藩勢多口総門跡より歩いて湖国が誇る日本画家、山本春挙ゆかりの記恩寺を見学しました。家人の案内で往時の侭に残るアトリエや、遺品に深い感銘を受け、このまま後世に引き継がれるのを心より願うばかりです。

午後の部は、淡海ピアザホールにて「二十世紀近江発掘ベスト10展」のイベントに参加し、奈良大学前学長水野先生が、例のソフトな語り口にジョークを交えて発掘時のエピソード等を話されると1時間20分は夢の間でした。

 興奮冷めやらぬ面持ちで外に出ると早、日は西に傾き、別れの挨拶も何やら慌ただしく今日お世話いただいた方々や、ご案内して下さった大津の会員様にお礼申し上げて実り多き1日が無事終了しました。           


無断転載を禁じます Copyright(C) 2005 Oumi Rekishi Kairou Club. All Rights Reserved.